これからの不動産運用とリスク

バブル時期の不動産運営を知っている人は現在の運用はあまり利益追求を期待しないほうが賢明である。今持っている不動産価値を下げず、公平な価格を持って管理をするほうが、スムーズに運営しやすい。個人で管理するより、専門の管理会社を利用する方が、リスクも少ないし個人的な負担も少ない。アパート経営、特に物件が古いものはリフォーム、修理にお金がかかり、賃貸収入を得ても、リフォーム代を回収できずに、賃貸人が入れ替わるごと、又修理という悪循環になり、あまり賃貸収入を期待できません。これから運営をする方はいろんなリスクを考えてする方が賢明です。

資産運用に効果的な不動産投資

将来に向けた資産運用ができることで人気の不動産投資ですが、所得税や住民税などの節税効果が期待できるのも人気となっている理由のひとつです。例えばマンションやアパートなどの不動産からの賃貸収入から、固定資産税や修繕費、減価償却費などの必要経費を引き、その差額が賃貸収入を上回ると税務上赤字になります。この赤字は給与所得から差し引くことがなり、これで給与所得は少なくなりますので、所得税の還付を受けられ、これをもとに計算される住民税も節税となります。この節税によって浮いた金額を再投資することでさらに資産運用に厚みを持たせることも可能となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産の資産運用とは All rights reserved