不動産の運用のメリット

まず知っておくべきことは、基本的に不動産の運用は低リスク低リターンだということです。また、大きなメリットとして、長期的かつ安定的にリターンを得られるということが挙げられます。株やFXは短期的に大きなリターンを得られる可能性がありますが、その分同程度のリスクを背負うことになります。一方で不動産の運用では、大きなリターンの可能性は高くありませんが、一定の決まったリターンを長期間安定して得ることが可能です。また、万が一まとまったお金が必要になった場合には、対象の物件を売却することによって現金を手にすることも可能です。

個人投資家でもREITでの運用

個人投資家が不動産で運用をしたい時には、REITを購入するのが便利です。REITは証券会社で購入することができ、少額で投資ができるメリットがあります。そのため、ワンルームマンションを購入するよりも少ない元手で投資が可能となります。REITを購入すると、家賃収入に応じて配当をもらうことができます。REITの多くでは配当利回りが3%程度と高配当となっています。したがって、REITは配当目的として魅力のある運用方法です。また、市況が好調となり、不動産価格が上昇するとREITの基準価格の上昇も見込めるようになってきます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産の資産運用とは All rights reserved