運用の失敗があるのが不動産

多額の費用が必要のように感じるのが不動産の運用になりますが、最近ではローンを組むことによって多くの人が取り組むことができるようになりました。ただし失敗も多くある運用になりますので、そのことについて理解したうえで取り組むようにしなければなりません。たとえば賃貸経営をするにしても、賃借人がいなければ利益にはなりません。またローンを組むにしても、これからの経済の情勢によっては金利が上がる可能性もあります。不動産は動かない商品になりますが、経済に左右されやすいですので、そのことを理解したうえで失敗しないように計画を立てる必要があります。

不動産の運用については

不動産の運用というと遊休土地であればもし付近に百貨店やモール、商店街があって競合する駐車場が少なければ駐車場にすることができます。前面道路の巾や車の出入りに差し支えないかどうかある程度調査する必要はあります。面積が広ければ平面駐車場にすることが出来ますし、そう広くない場合にはコインパーキングにすることもできます。又、建築物の法規の制限を受けますが立体駐車場にするという方法もあります。不動産の運用というとそこそこの広さがあれば賃貸アパートやマンションを建てることができます。マンションとなると2階や3階建てのものから高層マンションまで建つことができ、大きな資金を必要としますが、住宅ローンの借り入れも行え、毎月の家賃収入からその返済金に回すこともできます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産の資産運用とは All rights reserved