底地とはどんな土地なのか

底地というのは、そのときの所有者が第三者に土地を貸して、地代収入を得ている土地です。所有者は地代を得ることができます。しかし、土地に借地権という他人の権利がついているので、所有者は土地を自由に利用したり、転売したりすることができません。ひとつの土地の所有者と利用者が異なり、権利関係が複雑で、資産価値は低くなります。これに対して、他人の権利が全くない土地を更地といい、所有者は自由に利用、転売することができます。底地の価格は、更地の時価から借地権の価格を引いた額となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産の資産運用とは All rights reserved